« 万博の思い出 | Main | 名古屋市歌 »

September 29, 2005

花火の写真

H17-09-28

新聞の夕刊に読者の写真がまとめて掲載されるコーナーがあります。

素敵な写真ばかりで、いつも感心します。

その中から一つ、花火を回して撮った写真。「あれ?」と思いませんか。

花火を回して輪になったように写るのは分かるのですが、ぐるっと回した腕は一本しか写っていませんよね。ちっともつながっていませんよね。

どーやって撮影したんですかね。

人物はフラッシュだけで、花火が人物に当たった光はフィルムまで届かなかったんですかね。
でも、光の量が不足してシャッター時間が長くなるとしたら、フラッシュの後にシャッターを開放しますよね。ってことは、腕の位置でフラッシュを光らせて、一周する時間分に合わせてシャッターを開けていたんですかね。

なんだか不思議な写真でした。

最近、思うこと。

綺麗な写真を撮りたい、上手な写真撮影をしたい。そう思いながら、カメラを持っていると、何だか、写真を撮る楽しみが半減するんですよね。

あ、これ、綺麗。写真とっちゃお

そんな軽い気持ちで、楽しく写真を撮ることと、構図やシャッター速度などをいろいろ考えることは、私の場合、必ずしも両立しないようです。

あー、でも、楽しく上手な写真が撮りたいよー。

|

« 万博の思い出 | Main | 名古屋市歌 »

Comments

人物はフラッシュだけで、花火が人物に当たった光はフィルムまで届かなかった・・・。
その通り、感光しなかったのですね。
おそらく露出はマニュアルで設定していると
思います。1秒ぐらいでしょうか。
そんなに難しい写真ではないです。
この手の写真の場合は三脚は不要です。
背景は真っ暗の方がいいです。
絞りは5.6とか8とか適当にやってみて
下さい。
これって、かなり早く花火を回していると
思います。円がきれいだし、
腕が感光してないし。
デジカメなら結果が見れますから
試しやすいですね。

Posted by: ikkoman | September 30, 2005 at 12:15 AM

綺麗な写真、上手な写真とかって
つまんないと思うんです。実のところ。
写真をやってる人って
概ね同じような方向に向いてません?
ただきれいだとか、構図のよさで、
いい写真とは全く思いません。
写真なんてぐちゃぐちゃの方が
ず~っと面白いと思うんですけど。
私の場合、ぐちゃぐちゃの中に
うまく表現できませんけど
秩序というか何というか
ぐちゃぐちゃの中の秩序?ってやつを
いつも探しているんです。
で、「きたない写真」を
目指してるんですね。
なかなかできませんけど。
わけの分からないことを書きました。
すんません。

仕事について言えば、撮影ではいつも大汗。苦痛ですよ。
でも、ハマればこれに勝る喜びはないです。苦痛と喜びに時差があるんですね。

Posted by: ikkoman | September 30, 2005 at 12:34 AM

ikkomanさん、プロの写真からコメントいただける喜び、本当にありがとうございます。

ぐちゃぐちゃの中の秩序、含蓄があります。深いですね。

カメラマンの方のお仕事、本当に大変なことと思います。お体に気をつけて、無理のない程度に、SweetDaughters、更新の程を楽しみにしています。

Posted by: 「Tの部屋」管理人 | September 30, 2005 at 07:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 万博の思い出 | Main | 名古屋市歌 »