« 選挙速報、投票所編 | Main | アクセス件数 »

September 12, 2005

郵政民営化選挙、個人的感想

タイトルほど、大きな内容はありません。素人の個人的な感想です。

小泉さんが郵政民営化を争点に打ち出した。その戦略が功を奏して、自民が圧勝した。

そんな報道が流れているような感じがします。
正直なところ、あまり詳しくは知りません。

国政を決する大事な選挙。 それはよく分かります。

でも、じっくりと各党の主張や、その裏側にあるデータを自分なりに分析するだけの時間的ゆとりはどこにもありません。

小泉さんは郵政を民営化させたかった。
民営化させたい人は自民党 / 民営化させたくない人は民主党。

そんな程度しか、情報を把握・理解するだけの余裕もありません。

なぜ民営化なのか? 民営化すると何がメリットなのか。どんなリスクがあるのか。

各党がそれぞれ主張しているだろうな、ということは分かります。 でも、聞いている時間はありません。鵜呑みにせず、自分なりに解釈する時間はもっとありません。

要は、自分として郵便局を一般企業にさせたいか否か。 そんな程度しか分かりません。

危険ですよね。危険だと思います。
詳しく理解されている人には、「そんなんじゃあかんやろが」と大声で怒られると思います。

でも、そんな程度しか理解できないですよ。

分からんのだったら、投票するな」 そういう意見もあるかと思います。それも一理。
でも、投票したっていいじゃない。参加することに意義があり!?

一応、国政に参加している気分には、なれます。

で、今回は民営化させたい人が多かった。 それ以外の争点で自民党に投票した人もいたでしょうが、まぁ、大枠として自民党が勝った=郵便局を民営化させたかった、という感じがします。

多くの一般国民にとって、民営化の最大のメリットは何か? 経済再建?

いやいや、国の財政状況なんて、正しく理解できてないですよ。自分ちの家計簿だって、正しく集計が出来ていないのに。

では、民営化で目指すものは?

参考になるのが、国鉄と電電公社。民営化というと、この辺りを想像します。

国鉄がJRになってどうなった? 廃止された赤字路線は、幸いなことに、もともと縁のない生活をしていますので、何ら影響がありません。個人的に感じるのでは、駅員の対応が若干良くなったこと、、かな。

電電公社がNTTになってからは? ダイヤルアップのパソコン通信が常時接続のインターネットになり、電話料金が安くなり、携帯電話も使いやすくなって、、、うわぁ、隔世の感です。

郵便局が民営化されたら? 技術が大幅に発達する分野ではないと思うので、期待できるのは、JRと同じ、郵便局員の対応マナーの向上ってことではないですかね。

本来、「民営化」と「郵便局員のマナー」は、全く関係のない話のはずです。

でも、うちの事務所に営業の郵便局員が来たときも、以前の担当者のクレームを伝えると、「ということは、『郵便局なんて民営化しろ』というお考えですね」と言われました。

郵便局員当人も民営化しないとマナーが向上しないと考えているらしいです。

私も郵便局員の対応に「?」と感じることは多数。

その一つ、職場で給料の資金源を小切手で渡したところ、30分ほどして、「私って、小切手をいただきましたっけ? 見当たらないんですよ」と電話がかかってきた、とのことです。「おいおい、冗談じゃないよ。きちんと渡したよ」と説明すると、また30分ほどしてから、「あぁ、カバンの中に入ってました」との電話。一般企業の銀行では、考えられない対応です。

も一つ。「今日から担当が替わって、私になりました」 前任者の挨拶もなく、いきなり来る新担当者。そして、開口一番、出てきた言葉は「お客さんが前の担当とどんな話をしてたか、そんなことは知りませんが、こーゆー手順になっていますから」 いきなりの先制攻撃。

そこで今回の選挙結果。

自民の圧勝ということは、いかに一般市民が郵便局員の対応に怒っているのか、ということを示しているような気がしました。

はっきり言って、独断です。 個人の趣味でやっているブログですから、正論である保証は、どこにもありませんよ。はい。

賛同頂ければ、コメントorトラックバックをお願いします。

|

« 選挙速報、投票所編 | Main | アクセス件数 »

Comments

コメントありがとうございました。

サービスというものを体得するのはなかなか難しいもののようです。官僚にとっては。JRやNTTもまだそれが抜けきっていないところがありますよね。

Posted by: 雷電 | September 14, 2005 at 09:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 選挙速報、投票所編 | Main | アクセス件数 »