« February 2005 | Main | June 2005 »

May 26, 2005

ゲテモノ料理?「ビトロン」

ベトナム料理の「ビトロン」(別名「ホビロン」)が新聞の記事で紹介されていた。

孵化一週間ぐらい前のあひるの卵を殻ごとセイロで蒸す、という、とても私の感覚では信じられない料理。

口に入れるたび、黄身の味、白身の味、焼き鳥のハツの味、レバーの味と七変化する。卵のそこに溜まったスープは、エキスが凝縮された絶品の味。

それだけ聞くと、ちょっと美味しそうな気にもなる。

でも、「孵化直前のくちばしや爪が出来た頃がおいしい」、というベトナム人の話を聞くと、想像するだけでおぞましい。

卵の殻の内側には血管がびっしりで、この血管で孵化何日前か分かるのだとか。

ひぇーーーー! こ、こわい。でも、怖さ半分で見てみたい気もする。

文化の違いって大きいですね。

他国の人に、魚の活造りなんて見せたら、同じように「ゲテモノ扱い」されるのかな、という気もしてきました。あんなん、どえらい美味しいのにね。

| | Comments (0)

May 21, 2005

フェルマーの最終定理

Xn+Yn=Zn (n≧3)を満たす自然数X,Y,Zは存在しない

非常にシンプルな問題。有名な「フェルマーの最終定理」です。

富永 裕久: フェルマーの最終定理

たまたま図書館で雑学本を見かけたので、借りて読んでみたら、これが非常に面白い!

大学時代、幼馴染が理学部にいるのを知って、話を聞いたら「今は、整数の性質を研究している」って言われて、「整数の性質? はぁ?」と、今で言う魔邪コングみたいな反応をしていました。

それがこの本を読むと、奴の言っていた意味がよく分かる。

整数も面白い。素数にいたっては、もっと面白い。

完全数、、、自分自身以外の約数の和と一致する数。そんな定義された数があったんだ。6(=1+2+3)と28(=1+2+4+7+14)は完全数で、だから神様は世界を6日でつくり、月は28日で地球を一周する。

をー、宗教とも結びつくのかぁ。すごい。

友愛数と結婚数。整数の世界でも、奇数(男性)と偶数(女性)という異なる性質(異性)間では友愛が見つからず、同じ性質(同性)の間では結婚が見つかっていない。

ひぇー、笑える。

隣り合うフィボナッチ数列(a1=1,a2=1,an+2=an+1+an(n≧3))の比(an+1/an)は、黄金比に近づく。

え、そんなところで結びついてくるの。か、かっこいー。

いまだ証明されていない諸問題:

コラッツの問題「正の数nが奇数なら3倍して+1、偶数なら2で割る。これを繰り返すと、必ず1→4→2→1を繰り返す。

ゴールドバッハ予想「2以外の全ての偶数は、2個の素数の和で表せる

えー、誰か証明してよ。

なんだかとても楽しいパズルを見ているようで、リフレッシュにはちょうど良いのではないでしょうか。

興味のある方は、ぜひどうぞ。

| | Comments (3)

« February 2005 | Main | June 2005 »